北海道あるある

北海道あるある

北海道の「当たり前」「あるある」「へー」「一部ではね」「ないない」を集めてみました。

1 カブトムシは、売っているものと思っている。
2 北海道は14の支庁(現在は振興局)に分かれているが、支庁名は天気予報でしか聞いたことがない。
3 ゴキブリをみたことがない。
4 雪虫を見ると冬がもうすぐだと感じる。
5 鹿やキタキツネをよく見かける。
6 窓は最低2重サッシ。
7 家にエントツがある。
8 家と家の間に垣根がない。
9 冬家を出るときに、必ず上をチェックする。(雪が屋根から落ちてこないか)
10 瓦屋根は、テレビの時代劇だけだと思っている。
11 竹林や木に果物がなっているのを見ると驚く。
12 私鉄の急行や特急に乗るには、急行券、特急券が必要だと思っている。
13 簡易ジンギスカン鍋(アルミ)が、コンビニに売っている。
14 「ベル」のジンギスカンのタレは、常備品。
15 おつゆといえば味噌汁。
16 つゆといえば「めんみ」。
17 バターご飯を食べたことがある。
18 節分の豆まきは、落花生。
19 健康ドリンクはカツゲン。
20 炭酸飲料といえばガラナ。
21 コンビニといえば、セコマ。
22 冬に3℃暖かいね。という3℃は、マイナスのこと。プラスの時はあえて「プラス」という。
23 「今日は雪が降ってるからあったかい」という感覚を、内地の人に理解してもらえない。
24 まつげも凍るし、髪の毛も鼻毛も凍る。
25 10円玉を校庭のリンク(スケート)に落としたら、表面がすぐ凍って取れなくなった。
26 冬に学校早く行くとおこられた。(始業ぎりぎりに来いと。寒すぎるから)
27 夏でも暖房を入れる。
28 こたつがない。こたつのある家は、麻雀用。
29 「ママさんダンプ」を常備。(除雪道具です)
30 水抜きを失敗すると大変。(蛇口を全部開けてから水道の元栓を閉めて水道管の水を抜く作業)
31 冬の体育は、校庭のスケート(主に道東)
32 スパイク付き長靴がある。
33 長靴はミツウマだ。
34 車用雪かき(スノーブラシ)は、必需品。
35 自学(じがく)とは、自動車教習所のこと。
36 北海道での会話:100km車で行くと行ったら、「近いよ」と言われ、東京で通勤1時間と言ったら「遠いね」と言われた。
37 結婚式披露宴は、会費制。
38 葬式・お通夜で香典出すと領収証はどうしますかと聞かれる。